バイオディーゼル燃料

バイオディーゼル燃料とは

バイオディーゼル燃料(BDF)とは、使用済み天ぷら油(植物系廃食用油)を化学反応(エステル交換反応)させることで精製できる軽油代替燃料です。

使用済み天ぷら油の約9割がバイオディーゼル燃料として生まれ変わります。

バイオディーゼル燃料は、ディーゼルエンジンを搭載したトラックなどの車両や重機・船舶・発電機、またボイラーなどでご利用いただけます。

ご利用いただくにあたり特に改造は必要無く、従来使用されていた燃料の代わりにバイオディーゼル燃料を給油いただくだけでご利用いただけます。

※公道を走行される車両でバイオディーゼル燃料をご利用の際には、車検証への記載手続きが必要となる場合がございます。

バイオディーゼル燃料はどうして環境に優しいの!?

バイオディーゼル燃料は、大豆や菜種などの植物から搾油された天ぷら油を原料としています。

バイオディーゼル燃料の燃焼時には二酸化炭素(CO2)が排出されますが、天ぷら油の原料となる植物が成長時に二酸化炭素を吸収(光合成)するため、二酸化炭素の排出はゼロカウントとなり、地球上に二酸化炭素を増加させないカーボンニュートラルな燃料です。

また、バイオディーゼル燃料の排気ガスは、軽油使用時と比較して、小児ぜん息・アトピー・酸性雨の原因とされる硫黄酸化物(SOx)をほぼ含まず、黒煙も1/3以下に減少することから、大気汚染の防止に繋がります。

また、枯渇が懸念されている化石燃料の保護・可燃ゴミの減少にも繋がります。

プラント見学なども可能ですので、ご興味をお持ち下さった方はお気軽にお問い合わせください。

エリオンドライ洗浄 原料静置タンク

HOME 活動事例 バイオディーゼル燃料 風の学校円について リクルート プライバシーポリシー お問い合わせ

ページトップ